メンタルヘルスの問題は、どの会社でも避けて通れません。
加えて、リモートワークなど、働き方の多様化に伴い、メンタルヘルス問題もこれまでにない展開を見せています。

社員がこころの病にかかってしまったら、会社はどう対応したらいいのでしょうか?

ポイントは次の4つです。

・適切な治療を受けさせる
・一定期間、治療に専念させる
・スムースに業務復帰させる
・業務復帰が無理なら退職してもらう

このようなことは、就業規則をどう作るかにかかってきます。
就業規則の作り方によって、スムースに対応できることもあれば、逆に、対応に困ったり、トラブルに発展したりします。

このコラムでは、メンタルヘルス不調の4つのステージごとに、就業規則をどう整備していけばいいのか、そしてリモートワーク下の場合の注意点などをお話ししていきます。

ステージ1:メンタルヘルス不調の兆候、発症
ステージ2:会社を休む、休ませる
ステージ3ー1:治癒、業務復帰
ステージ3-2:治癒せず、退職

ステージ1:メンタルヘルス不調の兆候、発症

メンタルヘルス不調の兆候は分かりにくいものです。
誰にでも、憂鬱なことはありますし、気分がすぐれず元気がない日もあります。
それをいちいち「うつではないか」と疑っていたらキリがありません。

注意すべきは次の2つでしょう。

・いつもとの違い:いつもはしないミスがひんぱんに起こる、遅刻・早退が増える、など
・状態の継続

まずはどう対応するか

このようなとき、いきなり「うつのようだから、病院に行くように」などと言うのは避けるべきです。
最初は、「あなたらしからぬミスが最近多いけど、何か悩みでもある?」と、それとなく心配していることを伝えるのがいいでしょう。

本人に自覚があり、医師に診てもらっているということであれば、それで構いません。
一方、「大丈夫です」という反応だったら、とりあえずは様子をみることにしましょう。

必要に応じて受診命令を

しかし、普通でない状態が続いた場合は、会社(上司)はアクションを起こす必要がでてきます。
業務にも支障をきたしているはずですから。

普通でない状態が続いている場合、最初の時より強く、普通ではないと思われること、専門医の診断を受けた方がいいことを伝えます。場合によっては、業務に支障をきたしていることも言うべきでしょう。

それでも本人が「大丈夫です」と言い張って受診を拒否したら、本人の気持ちに理解を示しつつも、業務命令として、受診を命じます。
もちろん、その前に、できるだけ自発的に受診するよう、説得するべきです。

本人は自分がメンタル不全になっていることを認めたくないのです。
無理強いはできればしない方がいいです。
しかし、どうしても応じなければ、会社の命令という形をとるしかありません。

その根拠となる条文を就業規則に入れます。
つまり、会社が必要に応じて医師の診断を命じるということを就業規則の条文に入れるわけです。
こうしておくことで、会社が受診を命じる権限、社員がそれに従う義務が発生します。