ヒューマンキャピタルは具体的に何をしてくれるのか

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタルは、会社の人材マネジメントを全面的にサポートし、会社の発展のお手伝いをさせていただいております。
業務として、就業規則コンサルティング、社会保険業務代行、賃金コンサルティング、労務管理アドバイザリーをメインに提供しておりますが、具体的にどういった際にご利用いただいているかを下記でご紹介いたします。

法改正への対応

労働法制、社会保険法制は動きが多く、頻繁に変更されます。法改正への対応を怠ると、法違反として行政指導、送検といったことにつながります。
ヒューマンキャピタルは労働法制、社会保険法制の動向をしっかりキャッチし、必要に応じてお客様の就業規則、労使協定の改正をご提案します。ご要望があれば就業規則等の改正作業もさせていただきます。

定年後再雇用など高齢者雇用への対応

法令に則り高齢者雇用の仕組み、就業規則をつくります。
また、高齢者の有効活用、働く高齢者の活性化につながる人事・賃金制度を、在職老齢年金、高年齢雇用継続給付金などの公的制度も踏まえて設計いたします。
もちろん、給付金の手続代行も請け負います。

出産、育児を迎えた社員が出た場合

妊娠から出産、育児までに会社が対応すべきことは多岐に渡ります。
ヒューマンキャピタルは会社の規程や関連する届出書式を法令に準拠するよう整備します。
そして、産前産後休業、育児休業、休業復帰後までに発生する様々な社会保険手続を漏れなく行います。

セクハラ、パワハラの防止、起こってしまったときの対応

セクハラ、パワハラ防止のための規程やガイドラインを整備し、必要に応じて研修会を実施します。
また、セクハラ、パワハラが起こってしまった時は、どのように対応していけばいいかを、個々の事案に応じてご指導させていただきます。

メンタルヘルス不調への対応

メンタルヘルス不調へのケア体制を整備します。そして、メンタルヘルス不調に対応する休職制度、復職制度をつくり、就業規則に反映させます。

以前作成した就業規則などを見直したい

古くなってしまった就業規則は、最新の法令に対応していないだけでなく、会社の現在の状況にも適合していないということが少なくありません。
役に立たないだけでなく、思わぬリスクとなってしまうこともあります。
ヒューマンキャピタルはそのような就業規則を細部まで診断し、リニューアルします。

問題社員への対応

  • 勤務態度、勤怠状況が悪い
  • パワハラ・セクハラ行為が見られる
  • 会社の秘密情報を漏らした
  • 不祥事を起こした

---残念なことですが、問題社員が出てしまうことはどうしてもあります。
このようなことが起こった場合の対応方法を定めるとともに、実際に起こった際には対応をご指導させていただきます。

賃金制度を整備したい

「いまの賃金制度、人事評価制度では社員を活性化できない」、「賃金をきちんとした基準で決めるようにしたい」といった悩みを抱えている会社様は少なくありません。また、同一労働同一賃金への対応も必須です。
ヒューマンキャピタルは会社の悩みにしっかり対応した賃金制度、人事評価制度を作り上げます。

賃金制度、人事評価制度を入れた後の運用

新しい賃金制度、人事評価制度を入れたものの、運用がうまくできないという悩みを抱えている会社は少なくありません。
また、制度設計を外部につくってもらおうと検討している際、上記のような不安を抱く会社もあります。
ヒューマンキャピタルはご要望があれば、人事評価のつけ方、昇給・賞与の決定など、新制度導入後の運用についてもフォロー・ご指導させていただきます。

社員のやる気、会社への不満などを知りたい

社員の方のモチベーションの状況、会社に対する不満、将来展望などについて、意識調査を実施し、その結果を分析、ご報告致します。
ご要望があれば、その結果を踏まえてこれからの人事制度などのあり方を提案します。

労働基準監督署の調査が入る

労働基準監督署の臨検調査が入る場合、事前打ち合わせの上、調査に立ち会います。
また、調査後に出される是正勧告や是正指導への対応をご指導させていただきます。