社会保険業務手続を代行します

社会保険業務代行では、入社から退社までの間に起こる様々な社会保険手続を代行します。

人を雇用すると、必ず発生するのが社会保険業務です

社会保険手続が発生するイベントには次のようなものがあります。

  • 人を採用したとき
  • 業務上のケガや病気のとき
  • 社員に家族が増えたとき
  • 社員が出産・育児を迎えたとき
  • 社員が家族を介護するとき
  • 定年者を再雇用するとき
  • 社員が会社を辞めるとき
  • 昇給などがあったとき
  • 毎年の算定基礎届
  • 毎年の労働保険年度更新

社会保険業務は、煩雑なだけでなく専門性も要求されます

漏れがあると、会社は法違反に問われますし、働く人にも不利益をもたらします。社会保険業務代行では、人事のバックオフィス業務の中でも、ひときわ手間のかかる業務を 一手に引き受け、会社の負担を軽減します。ヒューマンキャピタルにお任せいただくことで、お客様の負荷の軽減、経費節約を実現し、貴重な経営資源を本業に集中させることができます。
また事業所新設、会社合併・分割など事業運営上起こりうる出来事にも対応しております。
アウトソーシングを上手に活用し、会社の価値をさらに上げていきましょう。

ヒューマンキャピタルの社会保険手続代行

社会保険業務は4つのカテゴリーに分けられます。
ヒューマンキャピタルは豊富な経験とノウハウをもって、カテゴリーごとに最適なやり方でクライアント様の社会保険業務を行います。

①イベントドリブン型
②定例型
③法改正対応型
④業務改善・品質向上型

①イベントドリブン型

入社、退社、出産・育児、私傷病、業務災害など、何かしらの出来事が発生した際に発生する社会保険手続を指します。

たとえば社員が入社する場合、入社手続きに必要な情報をクライアント様からご提供いただき、当社でデータ登録をします。
※データ登録用のフォーマットは当社でご用意します。
出産・育児の場合などは、長期間にわたって様々なイベントが発生しますので、その都度情報をやり取りし、それに基づいて申請手続きを当社で行います。
一通りの申請手続きが終了した時点で、当社からクライアント様に完了報告をします。

申請が年金機構、ハローワークなどで受理され、処理が完了すると、「公文書」が発行されます。これを当社からクライアント様にお送りして一通りの手続が完了します。
また、退職された方がハローワークで失業給付を受けられる場合、「離職票」という書類が発行されます。
このような従業員の方に必要な公文書は、当社からご本人にお送りします。

②定例型

社会保険、労働保険では毎年決まった時期に必ず行わなくてはならない手続きがあります。
社会保険では「算定基礎届」、労働保険では「労働保険年度更新」がこれにあたります。
当社からクライアント様に必要な情報を受領し、それに基づいて処理を進めます。
休業・休職、中途入社などのイレギュラー情報もすべて処理に反映させます。

処理完了後は①同様に、完了報告、公文書送付を致します。

③法改正対応型

社会保険の分野も法改正、取扱変更が頻繁に行われます。
当社ではこれらの情報を事前にキャッチし、クライアント様にお伝えします。
そのうえで、法改正後の手続き処理についてご提案し、反映させます。

④業務改善・品質向上型

手続業務の進め方、手続に入る前のクライアント様の業務フロー、法令等への未対応部分などを常に確認・チェックし、正確性・迅速性・コンプライアンスの面から業務品質の向上を図ります。