本文へスキップ

就業規則 社会保険労務士

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

TEL. 03(5665)3570

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15
mailto:office@hrm-solution.jp

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

ヒューマンキャピタルの経営理念managerial ideology

就業規則と賃金制度の両方をカバー 人事労務の「ワンストップサービス」を ご提供します


マークヒューマンキャピタルの基本理念

人が最大の財産

会社の最大の財産は「人」です。
「ヒト」、「モノ」、「カネ」、「情報」など、会社に必要な資源には、さまざまなものがありますが、「ヒト」は別格です。

人が活き活きと働き、もっている能力を最大限に発揮すれば、会社の業績は伸びます。 苦しい時期も乗り切れます。

その決め手は、会社の人材マネジメントにあります。

これは、従業員の募集・入社から人事(配置、昇進・昇格)、人事評価、賃金、教育、そして退職までの一連を管理することです。

人材マネジメントをいかに上手にやっていくかが、業績向上の決め手になるのです。

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタルは、御社の人材マネジメントを全面的にサポートし、会社の発展のお手伝いをさせていただきます。

労務トラブルから会社を守る

会社はさまざまな労務トラブルに晒されています。

  • 退職、解雇トラブル
  • 人事トラブル
  • 残業トラブル
  • メンタルヘルス
  • 健康トラブル
  • 機密漏洩
  • 不祥事トラブル

トラブルがひとたび起こると、会社はそれに振り回され、社員も疲弊し、活力を奪われます。会社に対する不信感も芽生えてしまいます。
金銭的損害や、イメージダウンなどの非金銭的損害も被ります。

労務トラブルが起こらないよう、会社は十分な予防策を講じなくてはなりません。 また、不幸にしてトラブルが起こってしまったときは、迅速、かつ、的確な対応を取らなくてはなりません。

活き活きとした生活をおくるためには、日ごろから病気にならないように注意し、万一、病気になってしまったら、お医者さんにかかって、きちんとした治療を受けなくてはなりません。

会社もそれと同じです。

活力ある会社をつくっていくベースには、労務トラブル予防と、起こってしまった時の適切な対処が必須なのです。

社員が活き活きと働く会社をつくる

「会社をもっと活性化したい」―どの会社にも共通の課題でしょう。
そのためには、社員一人一人が活性化、戦力化しなくてはなりません。
「達成意欲のある社員がほしい」
「行動力のある社員がほしい」
「早く一本立ちしてほしい」
経営者にはいろいろな思いがあります。

「こうなってくれれば」――どれも切実な願いでしょう。

では、どうするか?
活性化するための仕組みが必要なのです。 次の3つの仕組みが、活力ある会社づくりの「エンジン」になるのです。

  • 会社が社員に求めるもの=社員が目指すものを明らかにする仕組み
  • 社員の働きぶりを公平に評価する仕組み
  • 社員の働きを処遇に反映させる仕組み

大規模な設備も、高額な装飾品も必要ありません。
仕組みをつくり、運用することで、会社は活性化し、業績向上につながるのです。

就業規則と賃金制度が車の両輪

効果的な人材マネジメントを実施するために、会社は様々な手をうたなくてはなりません。
その中でも、社会保険労務士法人ヒューマンキャピタルは、就業規則と賃金制度が、人材マネジメントの「車の両輪」だと考えています。

マーク就業規則

就業規則は、会社を守る防波堤の役割を果たします。

労務トラブルを防ぐためには、就業規則の整備が欠かせません。

就業規則の作り方ひとつで、トラブルを未然に防いだり、起こってしまったときでも適切に対処できるようになります。

逆の言い方をすると、就業規則が適当に作られていると、トラブルを防げないだけでなく、トラブルを呼び込むことになってしまうのです。

また、就業規則には、賃金や労働時間など、会社の人事制度の大半が記載されています。
就業規則を通じて、働く人は会社の制度や、その考え方を知るのです。

就業規則をきちんとつくることで、社員は毎日、活き活きと安心して働くことができるのです。

でも、いざ就業規則を作ろうとすると、困ってしまうことも多いですよね。

労働基準法をはじめ、就業規則をめぐる法律は、実に多岐に渡ります。

法律だけ押さえていればいいというものではありません。

働く現場で、どのようなことが起こり、どう対処しなくてはならないかを想定し、それを就業規則に入れこまなくてはならないのです。

法律と労務管理(人材マネジメント)両方にまたがる、幅広い知識とノウハウが必要になります。

マーク賃金制度

活性化のベースは、公平な処遇にあります。

処遇の根本は賃金です。

できる社員、貢献している社員に報いるようにするのが、賃金制度の基本です。

そのためには、基本給のような賃金そのものだけでなく、その決定根拠となる人事評価制度を作らなくてはなりません。

そして、賃金、人事評価の基盤になるのが、「会社が求める人材像」、すなわち、人事格付です。

賃金制度−人事評価制度−人事格付制度

この「人事制度3点セット」を整備することが、人材活性化のベースになるのです。

賃金制度を検討する際に、忘れてはならないのが、就業規則、そして、その背後にある労働法制のことです。

賃金制度に手を入れたら、必ず就業規則に反映させなくてはなりません。
また、賃金をめぐる法律も、きちんと踏まえておく必要があります。

ここをはずすと、「労働条件の不利益変更」の問題で裁判沙汰になったり、賃金未払い残業で告発を受けることになりかなません。

賃金制度を考える場合も、法律と労務管理(人材マネジメント)両方にまたがる、幅広い知識とノウハウが必要なのです。


マーク社会保険労務士法人ヒューマンキャピタルの強み


就業規則と賃金制度の両方をカバー
人事労務の「ワンストップサービス」を
ご提供します

就業規則の作成・見直しでは、労働法の実務知識は欠かせません。
しかし、これだけでは、不十分なのです。 就業規則には、賃金、労働時間をはじめとして、会社の人事制度のほとんどすべてが記載されています。

つまり、就業規則とは、会社の人事制度の写し絵なのです。

このようなものを作ったり、見直したりするには、法律実務に通じているだけでなく、人事制度に関する知識と経験が必要なのです。

一方、賃金制度を構築するには、賃金制度のことだけ分かっていても、十分とは言えません。

労働法制に関することもしっかり押さえておかないと、思わぬトラブルを引き起こしてしまいます。

また、賃金制度を作ったら、それを就業規則に反映させなくてはなりません。 したがって、就業規則作成の実務も分かっていなくてはなりません。

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタルは、労働法実務と人材マネジメント、すなわち、就業規則作成・見直しと賃金制度構築の両方をカバーします。
もちろん、運用に関するアドバイスもできます。

なぜ、そう言い切れるかというと、20年に及ぶ人事実務の経験があるためです。

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタルは、人事制度の構築・見直し、就業規則の見直し、付属規程の新設などの人事企画業務と運用業務を数多くこなしてきました。
その経験とノウハウを、クライアントのためにフル活用いたします。

  • 就業規則を見直したい
  • 賃金制度を見直したい
  • 人事労務のアドバイスをしてほしい

※このようにお考えの会社様は、安心しておまかせください。

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座



無料小冊子、メルマガ/社会保険労務士

ナビゲーション



「人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」

「経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」

「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」


「月刊経理ウーマン」
2015年6月号
「働く女性が知っておきたい
「公的年金」の基礎知識」

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15

TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
mailto:office@hrm-solution.jp