本文へスキップ

就業規則 社会保険労務士

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

TEL. 03(5665)3570

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15
mailto:office@hrm-solution.jp

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

非正社員・パートタイマー活用講座lecture

改正の概要は

改正パートタイム労働法が2014年4月16日に成立しました。 施行は2015年4月1日となっています。 このコーナーで、改正法の内容や実務ポイントについて解説していきましょう。

パートタイマーの均等・均衡処遇(1)

今回の改正で取り上げられたのは、パートタイマーの均等・均衡処遇ということです。

パートタイマーの均等・均衡処遇(2)

今回の改正で、正社員との差別待遇が禁止される「正社員並みパート」の条件から、3番目の「無期労働契約を締結している」というのがなくなりました。 範囲が拡大したということですね。

パートタイマーの処遇を考える(1)

パートタイマーと正社員の処遇ということについてみていきましょう。


適正な請負とは?

偽装請負は、製造業派遣が禁止されていた頃数多く見られ、社会問題化しました。

有期契約基準とは?

有期労働契約では、契約期間満了で終了(契約を更新しない、つまり雇い止め)する場合と、契約を更新し、引き続き働いてもらう場合があります。


(1)第1条〜第5条

「少子高齢化の進展」と「就業構造の変化」がこの法律の背景にあることを示しています。

(2)第6条「労働条件に関する文書の交付等」

労働条件の明示に関する法規制を、ここで整理しておきましょう。

(3)第7条「就業規則の作成の手続」

トラブルを避けるという点、パートタイマーの人たちに気持ちよく働いてもらうという点で、意見を聴くようにした方が望ましいでしょう。

(4)第8条(通常の労働者と同視すべき短時間労働者に対する差別的取扱いの禁止),第9条(賃金)

第8条、第9条は、パートタイマーを4種類に分類しています。

(5)第10条(教育訓練)

一定の要件にあてはまる場合は、教育訓練を実施することを会社に義務づけています。

(6)第11条(福利厚生施設)

福利厚生面での均衡待遇を定めた条文です。

(7)第12条(通常の労働者への転換

会社は、正社員転換措置を取ることが義務づけられます。

(8)第13条(待遇の決定に当たって考慮した事項の説明)

「決定をするに当たって考慮した事項について」、「短時間労働者から求めがあったときは」、その短時間労働者に説明をしなければならないとしています。

(9)第14条(指針)、第15条(短時間雇用管理者)、第16条(報告の徴収並びに助言、指導及び勧告)

常時10人以上のパートタイマーを雇用する会社は、短時間雇用管理者を選任する努力義務を負っています

(10) 第19条(苦情の自主的解決),第20条(紛争の解決の促進に関する特例),第21条(紛争の解決の援助)

会社と働く人の間でトラブルが生じた場合、「個別労働関係紛争解決促進法」による解決を図るのが 通例ですが、パートタイマーに関する紛争については、それとは別に紛争解決の枠組みが設けられました。

(11)第22条(調停の委任)、第23条(調停)

会社とパートタイマーの間で、労働条件などをめぐるトラブルが発生した場合の解決方法、最初のステップは次の通りです。



パートタイマー・非正社員の正社員登用

正社員登用のポイントは?

非正社員を正社員に登用する場合のポイントにはどのようなものがあるでしょうか?

正社員登用制度のつくり方(1)

パートタイマー、契約社員、派遣社員などの、いわゆる「非正社員」を正社員に登用する人事施策が注目を集めています。

正社員登用制度のつくり方(2)

パートタイム労働法では、次のような正社員(正確には「通常の労働者)転換措置を取ることを会社に義務付けています。


パートタイマー・非正社員の人事制度

パートタイマーの人事・賃金制度(1)

パートタイマーの活用、定着をはかっていくうえで、きちんと考えなくてはならないのが、パートタイマーの人事制度、賃金制度です。

パートタイマーの人事・賃金制度(2)〜パートタイマーの意識を把握する

パートタイマーの「働く意識」はどのようなものなのでしょうか? 正社員と、どのような違いがあるのでしょうか?

パートタイマーの人事・賃金制度(3)〜人事制度3点セット

「人事制度をつくりましょう」と言う場合、何を考えたらいいのでしょう?

パートタイマーの人事・賃金制度(4)〜格付制度(1)

正社員については、このような制度を整えていても、パートタイマーなど非正社員については何もやっていないという会社は珍しくありません。 しかし、今後、パートタイマーを有効活用していこうと考えるなら、ここの整備は必須です。

パートタイマーの人事・賃金制度(5)〜格付制度(2)

能力と言ってもあくまでも「職務遂行能力」、つまり仕事をする上で必要な能力を指します。

パートタイマーの人事・賃金制度(6)〜格付制度(3)

パートタイマーの格付制度を検討する場合、社員の制度との関係をどうするかを決めなくてはなりません。

パートタイマーの人事・賃金制度(7)〜格付制度(4)

パートタイマーの格付制度は、具体的にどのようにつくっていけばいいのでしょうか?

パートタイマーの人事・賃金制度(8)〜人事評価制度(1)

人事評価制度は、人事制度の中核にくるものです。 「自分の仕事ぶりをきちんと評価してくれている」と思うか否かによって、働く人のモチベーションは全く異なってきます。

パートタイマーの人事・賃金制度(9)〜人事評価制度(2)

評価基準、評価項目を決めたら、具体的な評価制度の仕組みをつくっていきます。

パートタイマーの人事・賃金制度(10)〜賃金制度(1)

賃金体系とは、「賃金の決定基準をどうするか」ということを意味します。

パートタイマーの人事・賃金制度(11)〜賃金制度(2)

昇給は 「やらなければならない」というものではありませんが、「いつまでたっても、時給は入ったときのまま」というのでは、働く人のモチベーションは上がりません。

パートタイマーの人事・賃金制度(12)〜賃金制度(3)

賃金で大事なのは、制度と水準です。


TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座


無料小冊子、メルマガ/社会保険労務士

ナビゲーション



「人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」

「経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」

「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」


「月刊経理ウーマン」
2015年6月号
「働く女性が知っておきたい
「公的年金」の基礎知識」

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15

TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
mailto:office@hrm-solution.jp