本文へスキップ

就業規則 社会保険労務士

TEL. 03-6893-7714

〒160-0008 東京都新宿区三栄町8-37-311
mailto:info@hrm-solution.jp

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

就業規則、労働時間対策

ようこそ社会保険労務士HRMオフィスへ

HRM就業規則サポートセンターは
社労士事務所HRMオフィスが運営するサイトです


就業規則コンサルティング

社会保険労務士HRMオフィスが作る就業規則はお客様に「3つの価値」をご提供します。

価値1:会社を成長させる

就業規則と人事制度は表裏の関係にあります。この人事制度は、事業戦略に適合するものでなくてはなりません。
たとえば、営業力を強化するという戦略を立てたのなら、営業マンのインセンティブ制度を検討する必要があるかもしれません。また、新製品開発を強化するのであれば、開発技術者の発想を後押しするような制度を考えるということもあり得ます。
もちろん、これらを同時並行で進めることもあるでしょう。

このような場合は人事制度を見直し、それに伴い就業規則も見直します。

価値2:会社を守る

会社をさまざまな「労務リスク」から守ります。

1.コンプライアンスリスクへの対応
就業規則を法令に適合したものになるようにします。法改正や行政通達、判例などの情報をきちんと押さえ、対応させます。

2.人的リスクへの対応
「服務」の中で従業員にとってほしい行動、やってはならない行動を規定します。情報管理、セクハラ・パワハラのことなども定めます。
また、これらの規定に違反した場合のために「懲戒」を定めます。

3.健康・メンタルヘルスリスクへの対応
「安全衛生」に関する規定を整備し、健康管理や危害防止に関することを定めます。
また、メンタルヘルス不調も含めた心身の不調で長期に仕事ができなくなった場合に対応して「休職・復職」に関する規定を整備します。


価値3:組織を運営する

組織は、複数の人が集まって、何らかの目標を達成するために存在します。
会社組織であれば、その目標は利益を上げることになります。

人を集めて組織を作れば、そこにはルールが必要になります。これがなくては、組織がその目標を達成することはできません。 人事、労働時間、服務、懲戒など組織を運営していくためのルールを定めているのが就業規則なのです。

Attention

「就業規則を見直したい」、「賃金制度を見直したい」、「人事労務のアドバイスをしてほしい」

ご相談ください! 数多くの会社様の対応をさせていただいてきた社会保険労務士として、最適なアドバイスをさせていただきます!



書籍のご案内


労働条件審査実践マニュアル(共著)
日本法令
2014年9月19日発刊


就業規則はこう使え
労働調査会
2013年5月31日発刊


労務トラブルを未然に防ぐ 就業規則作成&見直しマニュアル【改定版】
すばる舎リンケージ
2010年7月29日発刊


「名ばかり管理職」リスクを見直す!
日本法令
2008年9月20日発刊


トラブルを起こさない! 改正パート労働法の実務がよくわかる本
中経出版
2008年4月20日発刊


図解 まるわかり労働契約法 かんき出版
2007年12月17日発刊



無料小冊子、メルマガ/社会保険労務士

ナビゲーション



「人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」

「経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」

「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」


「月刊経理ウーマン」
2015年6月号
「働く女性が知っておきたい
「公的年金」の基礎知識」

バナースペース

社労士事務所HRMオフィス

〒160-0008
東京都新宿区三栄町8-37-311

TEL 03-6893-7714
FAX 03-3358-1954
mailto:info@hrm-solution.jp
地図はこちら